オーロラLIGHT&MAX(高槻店)澤口 愛美|インタビュー|採用情報|パチンコ&スロット アサヒグループ

インタビュー

澤口 愛美- オーロラLIGHT&MAX(高槻店) -

現在の仕事内容をお聞かせください
ホールやカウンターでの接客がメイン業務で、ほかにはポスターやのぼりなどの販促物を一部作ったり、イーゼルの位置を管理したりするお仕事もさせていただいています。
新台入替などがあると店内外の掲示物を差し替えないといけないので、その準備や確認、そしてスタッフへの伝達などを私が中心になって行っています。
入社のきっかけを教えてください
もともと私は静岡出身で、高校生のとき接客業のアルバイトをしていました。
そして卒業後も、東京か大阪で接客ができる仕事を探していたところ、学校から紹介され、内定がとれたのが前職の会社だったのです。
ところが、前職の会社がアサヒグループと吸収合併することになり、当時の上司からの勧めもあってアサヒの社員になりました。
入社してから何か感じたことはありますか?
社員・アルバイトスタッフを含め全員が年上なので、どんな風に接すれば私の発言を聞き入れてくれるのか考えるようになりました。
それには、みんなが楽しく働ける環境をつくることを前提に、コミュニケーションを取ることが大切だと考えています。
前職では、何も考えず働いていたので、社員としての責任を認識するようになりました。
アサヒグループは澤口さんにとってどんな会社だと思いますか?
アットホームでチャンスをくれる会社だと思います。
お仕事やプライベートなことまで、楽しいことも辛いこともお話しできる仲間がいる。
また、終日ホール業務で、決められたことしかやらせてもらえない会社じゃなく、販促やポイント交換会、韓流フェアなどの企画を立て、それを任せてもらえる。
そんなチャンスをくれる、とてもやり甲斐のある会社です。
アサヒグループに勤める人ってどんな人たちでしょう?
温かい人がたくさんいると思います。
入社当初は、機械や洗浄機がトラブったら、すぐに上司や先輩方に対処をお願いしていたのですが、自律しないとダメだと思い店長に相談したら、上司や先輩方が閉店後に遅くまで残って教えてくださいました。
知識も何もない私に、いろんなことを教えてくださいます。
アサヒスタイルにそったエピソードがあればお聞かせください
販促ノートってのを作ったんです。
以前は、販促やポイント交換会のような事があると、ギリギリになってからアルバイトスタッフに口頭で伝えていたので、それだとお客様から尋ねられたときに、詳細を答えられないスタッフもいました。
そこで、一冊のノートに毎月のカレンダーを貼り付け、詳細が決まったなら、内容を記載していきます。
このノートをホールに置いて、スタッフ全員が閲覧できるようにしました。
みんな、とっても喜んでくれています。
どんなときに仕事のやり甲斐を感じますか?
アルバイトスタッフが働きやすい環境づくりを常に考えているので、スタッフから「ありがとう」と言われると、とても嬉しく思います。
販促ノートも一生懸命に考えてつくったんです。
それに対して「とても助かる、ありがとう」って言ってもらえたときは、本当に嬉しくやり甲斐を感じました。
いつも心がけていることは何ですか?
お客様と第一線で接しているのがアルバイトスタッフなので、スタッフが笑顔で働きやすい環境をつくることを常にに意識しています。
アルバイトスタッフが楽しんでこそ、活気のあるホールになると私は信じています。
澤口さんの今後の目標をお聞かせください
今はまだ、明確にこの役職に就きたいといった目標はありません。
それよりも、上司やアルバイトスタッフの役に立ちたいという思いが強くあります。
みんなから愛されるお店づくり、これが私の今の目標です。